寂しい男性が利用する

風俗業界では、クリスマスには毎年たくさんのお客様が来店されるといわれています。
クリスマスと風俗というのは対極にいるようなものに感じますが、実際のところは独り身男性のオアシス化ともなっているのです。
ですので、風俗嬢にとってはクリスマスに出勤をしたほうが絶対にいいとされています。
男性が風俗に来るもう一つの理由に、ボーナスが入った後ということも考えられ、最後の自分へのご褒美として風俗を利用する男性も少なくはないのです。
では、風俗嬢がクリスマスに稼げるという理由に関して他にはどういったことがあるのでしょうか。
まず、「男子会の帰りのノリで利用してもらいやすい」、ということもあるようです。
世間的に見ても、独り身の男性が集まって飲み会をし、その帰りにキャバクラや風俗を利用することは決して珍しくありません。
居酒屋で飲んでいるとは限らず、人目が気になる男性たちは宅飲みをしているということもあります。
色々な妬みをそれぞれ言い合って、それを酒のつまみとして飲んでいる独り身男性もいることでしょう。
そういった男性たちが、「今からキャバクラ行こう」、「手っ取り早く風俗に行こう」、といった感じで行動を移す人も少なからずはいるのです。
それと、キャバクラから流れてくるキャバ嬢にフラれたお客様が流れてくるということもあるようです。
これに関しても、宅飲みをしている独り身男性と何ら変わらないような気もします。
とはいえ、クリスマスの日に大体男性が選べるお店というのは、キャバクラ系か風俗になってきます。
それで、キャバクラに行った男性はこの2つのうちどちらかに必ず分かれます。
それは、「勝ち組」と「負け組」のどちらかの2つなのです。
まず「勝ち組」とは、キャバクラへ行ってキャバ嬢をお持ち帰りできた優秀な男性のことをいいます。
そして「負け組」とは、安くないお金を払ってキャバクラへ行ったにも関わらず、1人もお持ち帰りできなかった男性達のことです。
世の中にはどっち側の男性が多いのかは簡単に想像がつくと思われます。
「負け組」の男性達は色々と悶々したものが溜まってしまうのです。
キャバクラへ行く前は頭の中で色々とエッチなことも想像していましたが、現実はそう甘くはなく、その悶々とした気持ちを解消する道として風俗を選ぶことになるのです。
せっかくのクリスマスなのに、キャバクラで戦いに敗れて自分の家で自分を慰めるくらいなら誰かに癒やして欲しい、といった思考になりやすいのもクリスマス効果の一つでもあるのです。

リンク…熟女家 風俗求人サポートセンター
男性を癒せる優しい女性を募集している人妻系風俗求人のサイトです。

Published by