出勤する女性が少ない

クリスマスと聞いて真っ先に思い浮かぶのは、「恋人たちの日」ということではないでしょうか。
どこのお店に行っても混んでますし、ホテルというホテルは全て満室で入れない状態でもあります。
そういったことから考えて、クリスマスに風俗店へ来る男性なんていないと誰もが思うことでしょう。
ですが、実際はそうではなく、風俗嬢にとってクリスマスは稼げる時期だという認識でもあるのです。
クリスマスが稼げることは風俗店で働く人にとっては常識でもあり、一度でもクリスマスに出勤した女性なら稼げるからまた出勤したいと思っている人も限りなく多いのです。
その理由の一つとして、出勤する女性が少ないからお客様から選ばれるチャンスが広がるということがあります。
クリスマスは一年の中でもとても大きなイベントであり、特に女性にとっては大切なイベントで、彼氏がいるなら素敵なデート、彼氏がいないなら女性同士でする女子会、クリスマスは家族で過ごすという人やクリスマスにあえて合コンをする女性だって最近は聞いたりもします。
女性にとっては何をするかの選択肢がとても多いので、多くの女性が何かしらの予定を入れているのです。
ですので、クリスマスにわざわざ風俗店でバイトをする女性なんて少数であり、普通の日に頑張ってお仕事しているのにクリスマスにまで仕事をしたいと思う女性ははっきりいって少ないです。
一言でいうとライバルが少ないということで、いつも出勤している人気の女性がたくさん出勤してこなくなる日がクリスマスということなのです。
お客様がお店を訪れて、その女性を選んでくれる可能性は大幅にアップするのです。
そして、独り身の男性が女性の肌を求めてお店にやってくるということもあります。
そもそも、風俗にバイトをしにくる女性が少ないからお客様から呼ばれる可能性が大幅にアップしますが、肝心なのはそのお客様がちゃんと来るのかということです。
これに関してもはっきりいえるのですが、クリスマスにお客さ様の人数がいつもより増えることは多くの風俗店で起こっていることなのです。
独り身で寂しいのは女性だけではなく、男性だってみんな寂しい思いをしているのです。
クリスマスは帰宅途中にたくさんのカップルと遭遇しますから、自分では気にしないようにしていても心のどこかで羨ましい気持ちになったりもします。
そういった寂しい男性がクリスマスに風俗を利用するのは結構多いのです。
最後に、ボーナスが入った後ということもあり財布に余裕があるということもあるでしょう。
一年頑張ってきた自分へのご褒美としていつも利用しない風俗で贅沢する男性がいたり、たまに風俗を利用する男性ならいつもよりロングで利用したり、オプションを付けて少して贅沢に遊びたくなるのがこのタイミングでもあるのです。

Published by