サンタのコスプレ

クリスマスに風俗を利用する男性というのは、一言でいうと寂しい男性ということになります。
クリスマスは恋人たちの日でもありますので、その恋人がいない男性にとっては風俗といのは心のオアシスのようなものでもあるのです。
そういった寂しい男性がいるからこそ、クリスマスに風俗嬢は稼げるということになります。
後、クリスマスといえばサンタクロースも代名詞になってきます。
このサンタクロースなのですが、以外にこのサンタクロースのコスプレもエッチなことをしたくなる欲求にもなるのです。
やはり、一年でこの時しか着ることを許されない神聖なコスプレ、それがサンタクロースです。
サンタクロースのコスプレを着て、自分をクリスマスプレゼントに見立てて脱がしてもらうというのが定番のプレイになるのかもしれません。
サンタクロースのコスプレは男性からの支持も絶大ですから、クリスマスにバイトするなら是非用意しておきたいコスプレの一つでもあります。
1着買えば来年もまた使えますし、何よりもプライベートで彼氏に使ってあげるとかなり喜んでくれるというメリットもあるのです。
ですので、女性なら1着くらいはサンタクロースのコスプレを持っておいてほしいものです。
それでも、わざわざ買うのはもったいないという女性もいるでしょう。
大体のお店はクリスマスにでもなればサンタクロースのコスプレは用意してくれるはずです。
最後に、中には指名した女性と素敵な思い出を作りたいと考えている男性もいるかもしれません。
3回以上同じ風俗嬢を指名しているお客様は、当たり前ですがその女性のことが好きに決まっています。
実は、クリスマスには買い占めというのがよく起こります。
いつも指名している風俗嬢をクリスマスだけは自分が独占したいという男性が、90分や120分ではなく、丸々一日貸しきるというものです。
昼過ぎからデートをし、少し高めのディナーをして、もちろん最後はエッチなことをして、好きな女性と素敵な思い出を作るといった、クリスマスにはこういったお客様はとても多いと感じます。
また、高価なクリスマスプレゼントもセットで付いてくるのでかなり儲けることができますし、超ロングコースでいつもよりゆったり稼げるだけでなく、大きなオマケもしっかりとついてくるのです。
何をプレゼントしてくれるかは男性次第でもありますが、用意周到の女性は3ヶ月も前からおねだりすることも多いですので、そういったお客様がいるなら試してみるのも一つの手でもあるでしょう。

寂しい男性が利用する

風俗業界では、クリスマスには毎年たくさんのお客様が来店されるといわれています。
クリスマスと風俗というのは対極にいるようなものに感じますが、実際のところは独り身男性のオアシス化ともなっているのです。
ですので、風俗嬢にとってはクリスマスに出勤をしたほうが絶対にいいとされています。
男性が風俗に来るもう一つの理由に、ボーナスが入った後ということも考えられ、最後の自分へのご褒美として風俗を利用する男性も少なくはないのです。
では、風俗嬢がクリスマスに稼げるという理由に関して他にはどういったことがあるのでしょうか。
まず、「男子会の帰りのノリで利用してもらいやすい」、ということもあるようです。
世間的に見ても、独り身の男性が集まって飲み会をし、その帰りにキャバクラや風俗を利用することは決して珍しくありません。
居酒屋で飲んでいるとは限らず、人目が気になる男性たちは宅飲みをしているということもあります。
色々な妬みをそれぞれ言い合って、それを酒のつまみとして飲んでいる独り身男性もいることでしょう。
そういった男性たちが、「今からキャバクラ行こう」、「手っ取り早く風俗に行こう」、といった感じで行動を移す人も少なからずはいるのです。
それと、キャバクラから流れてくるキャバ嬢にフラれたお客様が流れてくるということもあるようです。
これに関しても、宅飲みをしている独り身男性と何ら変わらないような気もします。
とはいえ、クリスマスの日に大体男性が選べるお店というのは、キャバクラ系か風俗になってきます。
それで、キャバクラに行った男性はこの2つのうちどちらかに必ず分かれます。
それは、「勝ち組」と「負け組」のどちらかの2つなのです。
まず「勝ち組」とは、キャバクラへ行ってキャバ嬢をお持ち帰りできた優秀な男性のことをいいます。
そして「負け組」とは、安くないお金を払ってキャバクラへ行ったにも関わらず、1人もお持ち帰りできなかった男性達のことです。
世の中にはどっち側の男性が多いのかは簡単に想像がつくと思われます。
「負け組」の男性達は色々と悶々したものが溜まってしまうのです。
キャバクラへ行く前は頭の中で色々とエッチなことも想像していましたが、現実はそう甘くはなく、その悶々とした気持ちを解消する道として風俗を選ぶことになるのです。
せっかくのクリスマスなのに、キャバクラで戦いに敗れて自分の家で自分を慰めるくらいなら誰かに癒やして欲しい、といった思考になりやすいのもクリスマス効果の一つでもあるのです。

リンク…熟女家 風俗求人サポートセンター
男性を癒せる優しい女性を募集している人妻系風俗求人のサイトです。

出勤する女性が少ない

クリスマスと聞いて真っ先に思い浮かぶのは、「恋人たちの日」ということではないでしょうか。
どこのお店に行っても混んでますし、ホテルというホテルは全て満室で入れない状態でもあります。
そういったことから考えて、クリスマスに風俗店へ来る男性なんていないと誰もが思うことでしょう。
ですが、実際はそうではなく、風俗嬢にとってクリスマスは稼げる時期だという認識でもあるのです。
クリスマスが稼げることは風俗店で働く人にとっては常識でもあり、一度でもクリスマスに出勤した女性なら稼げるからまた出勤したいと思っている人も限りなく多いのです。
その理由の一つとして、出勤する女性が少ないからお客様から選ばれるチャンスが広がるということがあります。
クリスマスは一年の中でもとても大きなイベントであり、特に女性にとっては大切なイベントで、彼氏がいるなら素敵なデート、彼氏がいないなら女性同士でする女子会、クリスマスは家族で過ごすという人やクリスマスにあえて合コンをする女性だって最近は聞いたりもします。
女性にとっては何をするかの選択肢がとても多いので、多くの女性が何かしらの予定を入れているのです。
ですので、クリスマスにわざわざ風俗店でバイトをする女性なんて少数であり、普通の日に頑張ってお仕事しているのにクリスマスにまで仕事をしたいと思う女性ははっきりいって少ないです。
一言でいうとライバルが少ないということで、いつも出勤している人気の女性がたくさん出勤してこなくなる日がクリスマスということなのです。
お客様がお店を訪れて、その女性を選んでくれる可能性は大幅にアップするのです。
そして、独り身の男性が女性の肌を求めてお店にやってくるということもあります。
そもそも、風俗にバイトをしにくる女性が少ないからお客様から呼ばれる可能性が大幅にアップしますが、肝心なのはそのお客様がちゃんと来るのかということです。
これに関してもはっきりいえるのですが、クリスマスにお客さ様の人数がいつもより増えることは多くの風俗店で起こっていることなのです。
独り身で寂しいのは女性だけではなく、男性だってみんな寂しい思いをしているのです。
クリスマスは帰宅途中にたくさんのカップルと遭遇しますから、自分では気にしないようにしていても心のどこかで羨ましい気持ちになったりもします。
そういった寂しい男性がクリスマスに風俗を利用するのは結構多いのです。
最後に、ボーナスが入った後ということもあり財布に余裕があるということもあるでしょう。
一年頑張ってきた自分へのご褒美としていつも利用しない風俗で贅沢する男性がいたり、たまに風俗を利用する男性ならいつもよりロングで利用したり、オプションを付けて少して贅沢に遊びたくなるのがこのタイミングでもあるのです。